鳥栖-神戸 前半9分、鳥栖FW趙東建(右)がゴールを決め、1-0と先制する=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 明治安田生命J1リーグ第8節最終日は22日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムなどで7試合があり、サガン鳥栖はヴィッセル神戸に1-0で競り勝った。通算成績は3勝2分け3敗(勝ち点11)で、順位は二つ上がって11位。

 浦和はラファエルシルバ、興梠らが得点して札幌を3-2で下し、4連勝で勝ち点を19に伸ばして首位を守った。磐田は中村俊のゴールなどで昨季覇者の鹿島を3-0で破った。柏は横浜Mに2-0で勝った。FC東京は新潟に3-0で快勝し、3連敗を免れた。

 第9節は30日にあり、鳥栖は午後4時から茨城県のカシマサッカースタジアムで鹿島アントラーズと対戦する。

■鳥栖1-0神戸

 鳥栖は守備陣の集中力の高さが光った。前半に先制点を奪うと、豊富な運動量で相手の猛攻を最後まで封じ続けた。

 前半9分、FW豊田の縦パスに抜け出したFW趙東建(チョ・ドンゴン)が一度は相手GKにシュートをはじかれながら、左足で押し込んで先制。その後、ペナルティーエリア内で守る時間が増えたが、GK権田を中心に防いだ。

 後半は互いにチャンスをつくり合う展開となったが、鳥栖は中盤に守備力の高いMF高橋を投入。終盤にはDF小林、MF小野を相次いで投入し、最後まで守り切った。

▽ベストアメニティスタジアム

観衆 11088人

(鳥栖1勝)

  鳥 栖1 1-0 0  神 戸

       0-0

勝ち点11勝ち点15

 ▽得点経過

前9分【鳥】1-0 趙東建(2)

0権田 修一 GK 金 承 奎0

0藤田 優人 DF 高橋 峻希2

0金 敏 〓    北本久仁衛0

0谷口 博之    渡部 博文0

0吉田  豊    橋本  和1

3原川  力 MF 高橋 秀人0

0小川 佳純    ニウトン 3

0福田 晃斗    松下 佳貴0

1鎌田 大地    大森晃太郎1

2趙 東 建 FW 小林 成豪3

1豊田 陽平    渡辺 千真2

      7SH12

      4CK8

     23FK16

      0PK0

 ▽交代(末尾の数字はSH数)

【鳥】後20分 小川→高橋0

   後40分 趙東建→小林0

   後49分 鎌田→小野0

【神】後14分 小林→ウエスクレイ0

   後27分 橋本→田中順0

   後49分 北本→伊野波0

 ▽警告

【鳥】金敏〓

【神】大森、北本

※45分を超える時間表記はロスタイム

〓は火ヘンに赫

このエントリーをはてなブックマークに追加