2回戦・唐津商―木更津総合(千葉) 0―2で敗れ、整列後に引き揚げる唐津商ナイン=甲子園

 【甲子園で本社取材班】第98回全国高校野球選手権大会は13日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2回戦4試合があり、県代表の唐津商は今春の選抜大会で8強入りした木更津総合(千葉)と対戦。0-2で敗れ、初戦突破はならなかった。

 唐津商は、木更津総合の主戦左腕、早川隆久投手に散発2安打、12三振と抑えられた。先発の谷口優成投手は二回に3連打を浴びて2失点。その後は打たせて取る投球で相手を無得点に抑えたが、打線の援護がなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加