子どもの不安と所得の関係

 貧困状態にある家庭だけでなく、高所得世帯の子どもも、標準的な所得の家庭に比べて不安を感じている割合が高い-。こんな調査結果を日本医科大の可知悠子助教らの研究チームがまとめた。

 調査によると、世帯の所得が高い場合には学業にストレスを感じる傾向が強い。可知助教は「貧困が子どもの心に影響することは想定しやすいが、高所得の子どもも勉強のプレッシャーなどがある」と指摘した。

 調査は2007、10、13年の3年分の国民生活基礎調査に参加した12~18歳、計9491人のデータを分析。家計と子どもの抑うつ・不安状態との関連をまとめた。

 調査では、子どもを世帯の所得水準によって五つの層に区切った。質問票の記入内容から、不安を抱えていると判定した子どもの割合を各層で比較。所得が真ん中の層にいる不安な子どもの割合を1とすると、最も低い貧困層は1.6倍、最も所得が高い層は1.3倍だった。

 何らかのストレスを感じていると答えた子どもは全体で41%。原因を聞くと、人間関係や家庭の経済状況を挙げる割合が貧困層で最も高かった。一方、学業が原因としたのは高所得層が75%と最も高い割合だった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加