準々決勝・基山ファイターズ-六角紅梅少年 6回表、基山ファイターズ打線を三者凡退に打ち取り、グラブタッチを交わす六角紅梅少年の先発田中蓮(中央)=みどりの森県営球場

基山ファイターズ(基山町)

      0010000─1

      010020×─3

六角紅梅少年(白石町)

(基)今村珀、堀内-大隈温

(六)田中-大串

▽二塁打 加峰(基)渕上(六)

 六角紅梅少年の主戦田中の好投が光り、相手打線を散発2安打に抑えて1失点完投した。同点で迎えた五回裏2死二、三塁、5番渕上の2点二塁打で勝ち越した。

 基山ファイターズは三回、1番大隈温の左前打で同点とし、五回表には1死三塁の得点機を作ったが、相手の好守備に阻まれた。

■エース田中本領発揮

 エースの名に恥じない内容だった。六角紅梅少年の田中蓮が本領を発揮し、2安打1失点の完投。谷崎孝則監督は「大一番で普段通りの投球を見せてくれた」とねぎらった。

 これまで藤井技-田中の継投で勝ち上がってきたが「この試合は(田中に)託す」(谷崎監督)と送り出された。先制直後の三回表に1点を失ったが、五回表1死三塁の場面では釣り球を誘ってピンチの芽を摘んだ。

 その裏の攻撃、5番渕上颯太が二塁打を放つと自ら3点目のホームを踏み、粘る相手を突き放した。みんなを信じて投げた思いが、結実した瞬間だった。

 6月の全日本学童県大会に続く県4強を呼び込んだ田中。県一を懸けた戦いに「今度こそリベンジする」と誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加