準々決勝・鹿島少年-神野少年 鹿島少年4回表2死満塁、4番河村拓海が左前2点適時打を放ち5-3と勝ち越す=みどりの森県営球場

鹿島少年(鹿島市)

      3002200─7

      1020100─4

神野少年(佐賀市)

(鹿)山口大-星野

(神)香月、中島、永渕-円城寺

▽三塁打 清水(神)▽二塁打 山口大(鹿)円城寺2(神)

 打ち合いを制した鹿島少年が競り勝った。初回、先頭打者の藤井が出塁、5番山口大の適時二塁打などで3点を先制した。

 3回までに追いつかれたが、四回表2死満塁から4番河村の左中間への適時打で突き放した。

 神野少年は11安打を放ったが、あと1本が出なかった。五回裏無死満塁から1点を返したが、反撃は及ばず、失策も響いた。

■4番河村が意地の一振り

 鹿島少年の4番河村拓海の一振りが、追いすがる神野少年を突き放した。

 先制したものの、3回までに追いつかれる打ち合いの展開。この日、二回表2死満塁で打順が回ってきた河村は、凡打に終わっていた。

 「絶対にランナーをかえしてやる」。同点で迎えた四回表2死満塁の好機。河村は外角高めの球を左中間にきっちりと流した。「しっかりと当てることを考えた」

 4番の仕事が求められる場面で放った値千金の2点適時打。森田覚監督は「打つべき人が打ってくれてチームも盛り上がった」とたたえた。

 勝利をたぐり寄せた河村は「守備を含め、まだまだ50点」と控えめに話し、「次は長打を3本打ってチームに貢献したい」と意気込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加