準々決勝・上峰少年-諸富北小ク 延長8回裏1死二、三塁、左越え2点適時二塁打を放ち、ホームでナインに迎えられる3番馬場拓海(左)=みどりの森県営球場

準々決勝・上峰少年-諸富北小ク 延長8回までを一人で投げ抜き、投手戦を制した諸富北小クの先発上釜剣士郎=みどりの森県営球場

上峰少年(上峰町)

     00000002 ─2

     00000003x─3

諸富北小ク(佐賀市)

(延長八回タイブレーク)

(上)岡部匡-木谷

(諸)上釜-馬場

▽二塁打 馬場(諸)

 互いに一歩も譲らず延長戦までもつれ込んだ投手戦は、諸富北小クが制した。諸富北小クは、主戦上釜が8回を投げ抜き10奪三振、被安打3と好投した。延長タイブレークで0-2となった八回裏、2番野中の右前適時打、3番馬場の左越え適時打で3点を奪い、サヨナラ勝ちした。

 上峰少年の岡部匡も7回までに被安打4と力投。延長では6番岡部修の右前適時打で2点を先行したが、及ばなかった。

■投手戦“女房役”V打

 得意とする真ん中低めの球を見逃さなかった。延長八回裏1死二、三塁、諸富北小クの3番捕手・馬場拓海の会心の一振りは外野手の頭を越え、息詰まる投手戦に終止符を打った。

 諸富北小クは、主戦上釜剣士郎の緩急をつけた投球と堅い守りをみせたが、上峰少年も主戦岡部匡十の外角を攻める投球で譲らない。スコアボードには、7回まで「0」が並んだ。

 延長八回表に2点を奪われ、追い詰められた諸富北小ク。打席に立った“女房役”は「打って次につなげようと思っていた」と普段通りを意識し、上釜の好投に報いる決勝点をたたきだした。

 上釜は「エラーもなく、我慢強く守れたから最後に勝てたと思う」と振り返り、「次も全力で完封したい」と頂点を見据えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加