○岡本晃左翼手(四回に中前打もけん制でアウトに)

 「バットを短く持ってヒットを打った。なかなか打てないから、次を狙おうとしてリードが大きくなった」

○百武泰成一塁手(4番で先発)

 「やりきった感じ。ヒットは打ちたかったけど、練習通りのスイングは出せた。甲子園は努力は報われると教えてくれた場所」

○横山魁人遊撃手

 「せっかく谷口は2点で抑えてくれたけど、打てなかった。2点差だけど力の差はもっとあった」

○打越海一塁手(四回から途中出場した4番)

 「打てなかったのは悔いが残るけど、最高の仲間と最高の雰囲気を楽しむことができた」

○伊藤駿也選手(九回2死で打者の山崎遥稀に伝令)

 「最後まで楽しんでこいと声を掛けた。負けたけど、自分たちらしい野球はできた」

=甲子園 唐津商=

このエントリーをはてなブックマークに追加