「徳川家康別陣下」のバス停留所

■住民の要望で変更

 唐津市呼子町には面白いバス停留所があります。「徳川家康別陣下(玄海・海舟前)」です。バスを運行している昭和自動車が昨年10月の呼子・加部島線ルート変更に伴い新設しました。

 バス停には地区名や交差点名を付けることが多いそうですが、新設する際に鎮西町の住民から要望があり、この名称にしました。豊臣秀吉が建てた名護屋城跡に近く、武将の陣跡が多く点在している地域で、バスを利用して陣跡巡りに来る観光客も増えているそうです。

 名称の先行例として「伊達政宗陣跡(海青中学校前)」もあります。肥前名護屋城ツーリズム協議会(古賀和裕会長)は「バス停だけでなく交差点名も変えてもらい、資源化して活用していきたい」と話します。(地域リポーター・宗真弓=唐津市鎮西町)

このエントリーをはてなブックマークに追加