トリオクラブツアーを開くジャズピアニストの山中千尋

 ニューヨークを拠点に世界を駆け巡るジャズ・ピアニスト山中千尋が27日午後8時から、「山中千尋トリオクラブツアー」を佐賀市のシネマテークで開く。ジャズの伝統と斬新なアレンジを併せ持つ気鋭のダイナミズムな演奏が堪能できる。

 山中千尋は米バークリー音楽大学を首席で卒業。リリースしたアルバムは、すべて国内のあらゆるジャズチャートで1位を獲得。米メジャー・レーベルのデッカ・レコードとも契約を果たし、全米デビューも飾った。

 今年4月には名門ジャズクラブであるロンドンのロニー・スコット、パリのニュー・モーニングなどに出演。公演はすべて完売となり評判を博した。6月21日には、生誕100年を迎えるジャズの巨匠セロニアス・モンクへのオマージュアルバム「モンク・スタディーズ」を発売した。

 第23回日本ゴールドディスク大賞、スイングジャーナル誌ジャズディスク大賞など権威ある賞を多数受賞。一昨年9月から米バークリー音楽大学助教授として後進の指導を開始している。

 今回はベーシストの古荘昇龍、ドラマー武本強志ともに、躍動のパフォーマンスを披露する。

 チケットは前売り6千円(当日は500円増し、要ワンドリンクオーダー)。学生は千円引き。問い合わせはシネマテーク、電話0952(28)6708。

このエントリーをはてなブックマークに追加