第98回全国高校野球選手権大会第7日は13日、甲子園球場で2回戦4試合があり、佐賀県代表の唐津商は木更津総合(千葉)に0-2で敗れた。他3試合は明徳義塾(高知)、盛岡大付(岩手)、鳴門(徳島)が勝ち、3回戦に進んだ。 

 唐津商は主戦の谷口優成が二回、木更津総合打線につかまり2失点。打線は相手の主戦早川隆久の好投になすすべが無く、反撃できなかった。

 鳴門は2-2の九回2死満塁から鎌田の2点適時打などで3点を勝ち越し、河野が反撃を振り切り5-2で逃げ切った。

 盛岡大付は創志学園(岡山)に11-8で打ち勝った。序盤で4点のリードを許したが、大会屈指の好投手、高田から2本塁打を放つなど中盤に攻略した。

 明徳義塾は一回に先制すると相手守備の乱れにも付け入り小刻みに加点。7-2で境(鳥取)を下し、夏通算30勝目を挙げた。

=甲子園 唐津商=

このエントリーをはてなブックマークに追加