ローザン・ラズマンさん

トーマス・ハートマンさん

松本かつひろさん

パトリック・ムーディさん

武田先生(中央)

 11月13日は佐賀市文化会館で行われた「佐賀市民芸術祭」のオープニングセレモニーを華やかに飾った。アメリカから来たベースのローザン・ラズマンさんとドラムのトーマス・ハートマンさんによるトリオ演奏で、後半は佐賀モダンジャズオーケストラとの共演も。学生時代にさまざまなコンテストで通った同会館。卒業してからは初めてのライブとなる。裏口からステージ袖にはいると「匂いが懐かしい!」と繰り返す。楽器の配置、音、演奏イメージを入念にチェックし本番に備える。

 本番当日、辻さんは黒のロングドレスに身を包み、自身のオリジナル曲「Enemy」と「Dancing Leaves in Autumn」のほか、ビヨンセやジョン・レノンの曲を披露した。

 26日、27日には佐賀市の浪漫座(旧古賀銀行)で凱旋ライブが行われた。芸術祭でのメンバーにトランペットのパトリック・ムーディさんが加わったカルテット演奏。後半は松本かつひろさんがボーカルとして参加。落ち着いた照明と木造のレトロな洋館に響く心地良い演奏に観客は静かに酔いしれた。

 辻さんとローザンさんが楽曲制作に関わったテレビドラマ「かもしれない女優たち」のエンディング曲「Around the Corner」をバックにメンバー紹介が行われた。ライブの感想を聞かれたパトリックさんは「僕的には楽しかった」と流ちょうな日本語で話した。好きなアーティストを聞かれたローザンさんは「ミスチル、ユーミン」と答えた。観客席のライトを付け、一緒に記念撮影。控え室では漢字を書いていたというトーマスさんにマイクを向けると「全身全霊、一期一会、安物買いの銭失い」と覚えた言葉を披露し、予想外の言葉に会場に笑いと拍手が起こった。ライブの最後に、辻さんはファンとスタッフに「すてきな会場で、そしてすてきなメンバーで演奏できてとてもうれしい」と感謝の言葉を繰り返し、(亡き母への思いを込めて)手伝ってくれた父・法夫さんへも「ありがとう!世界一のDadです!」と顔をほころばせた。

■恩師・武田先生

 高校時代に辻さんを指導していたピアノ講師・武田真理子先生も凱旋ライブを訪れた。ライブ後、辻さんと熱い抱擁を交わし、記念撮影。ライブに来たのは3回目とのことで「当時と変わらない。MCで話してたあのまま。優等生では無いけどやんちゃでもない。昔から自分の考えはしっかりと持っていて、ここまで大きくなれたのも彼女の実力があったから」と話した。

=Profile=

○辻利恵 Ree-A(つじ・りえ)

 佐賀北高出身。東京音楽大学卒業後、米・バークリー音楽大学に入学。2006年、ビヨンセのバックバンドオーディションに合格し、ファーストキーボーディストとしてツアーに参加。楽曲のアレンジも任される。10年にアメリカのホワイトハウスでのショー、13年にはスーパーボウルのハーフタイムショーに出演。

○Rozhan Razman(ローザン・ラズマン)・ベース

市民芸術祭と凱旋ライブに参加。辻さんとニューヨークのブルックリンで音楽スタジオを運営する。

○Thomas Hartman(トーマス・ハートマン)。ドラム

市民芸術祭、凱旋ライブに参加。日本が大好きで漢字をたくさん覚えている。

○Patriq Moody(パトリック・ムーディ)・トランペット

凱旋ライブに参加。

○松本かつひろ(まつもと・かつひろ)・ボーカル

凱旋ライブに参加。福岡を拠点に音楽活動をしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加