佐賀県は、2017年度の「佐賀さいこう企業」に樹木粉砕機製造の大橋(神埼市)など15社を選んだ。優れた技術によるものづくりや創造的なサービスで県内経済をけん引する企業を表彰する制度で、受賞企業は15年度からの累計で45社になった。

 高校生や大学生の県外流出を食い止め、県内就職を促す目的で一昨年に創設。新進の企業から老舗まで、業種も幅広く選んでいる。選定基準について県は「製品やサービスが国内外で高いシェアを占めたり、新しいビジネスモデルの開発で業績を伸ばしたりしていることが条件」としている。

 表彰式は8月25日、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で開かれる。

 他の受賞企業は次の通り。

 味の素九州事業所(佐賀市)▽EWMファクトリー(同)▽イマリ(同)▽岩尾磁器工業(有田町)▽佐賀電算センター(佐賀市)▽昭栄化学工業鳥栖事業所(鳥栖市)▽聖徳ゼロテック(佐賀市)▽田中電子工業(吉野ケ里町)▽チクシ電気佐賀工場(同)▽日本ハードメタル(武雄市)▽福博印刷(佐賀市)▽ブリヂストン(鳥栖市)▽宮崎鉄工(鹿島市)▽レグナテック(佐賀市)

このエントリーをはてなブックマークに追加