コープさが生活協同組合(佐賀市)は7月2日午前10時から、伊万里市の伊万里公民館で、佐賀県在住の戦争・被爆体験者らに話を聞くイベントを企画し、「子どもピースサポーター」として参加する子どもたちを募集している。事前申し込みは6月26日まで。

 戦争体験者の高齢化で直接話を聞くことが難しくなってきている中、子どもたちに戦争体験談を語り継ごうと同組合が企画した。小学4年生から高校3年生までが対象で、8月までに今回を含めて3回活動する予定。

 2日のイベントでは、伊万里商業学校(現・伊万里商業高)から長崎市に学徒動員された中野隆三さん(伊万里市)と原一さん(有田町)の被爆体験を聞き、平和について考える。

 8月8日は長崎で開かれる「こども平和会議」に代表5人が参加し、平和について全国の子どもたちと話し合う。問い合わせ、申し込みはコープさが生協総務部・平和のはなネットワーク事務局、電話0952(31)3977へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加