将棋の最年少棋士、藤井聡太四段(14)は21日、大阪市の関西将棋会館で指された王将戦1次予選で澤田真吾六段(25)を破り、公式戦連勝記録で歴代最多の神谷広志八段(56)に並ぶ28連勝を30年ぶりに達成した。

 28連勝は将棋界の大記録の一つとされ、神谷八段が1987年に樹立した。昨年12月のプロデビュー以来、連勝を続ける中学生棋士が無敗のまま、快挙を成し遂げた。歴代最多タイを達成した藤井四段は「本当に思ってもみなかったこと。非常に幸運。つきがあった」と喜びを語った。

 新記録が懸かる次回の対局は26日、渡辺明竜王(33)への挑戦者を決める竜王戦決勝トーナメントで、ホープの増田康宏四段(19)と対戦する。増田四段は2016年、新人王戦で優勝した実績がある。

 藤井四段は4月4日、公式戦の新記録となるデビュー後11連勝を達成した。その後も勝ち続け、今月2日に20連勝の大台に乗せた。7日には、第一人者の羽生善治3冠(46)らを抜き、単独3位の23連勝をマークした。

 10日の対局では2勝を挙げ、丸山忠久九段(46)を抜いて、25連勝として単独2位に浮上。15日には、サラリーマンからプロとなった異色の棋士、瀬川晶司五段(47)に勝利。17日の早指し棋戦では、アマチュアで学生名人の東大生を破って連勝を27まで伸ばした。

 愛知県瀬戸市在住の中学3年生。12年、プロ棋士を養成する奨励会に6級で入会した。15年10月、最年少の13歳2カ月で奨励会最高段位の三段に昇段。難関の三段リーグを1期で突破し、昨年10月、史上最年少の14歳2カ月でプロ入りした。現役最高齢の記録を持つ加藤一二三・九段(77)が持っていた14歳7カ月の最年少記録を62年ぶりに塗り替えた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加