お盆をふるさとや観光地で過ごした人のUターンが14日から本格化した。佐賀市のJR佐賀駅では、大きな荷物や土産物を抱えた人たちが親類の見送りを受け、別れを惜しんでいた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加