■5月の世界同時と同種ウイルス

 ホンダは21日、国内外の生産工場がサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。5月に世界各地で同時多発した大規模なサイバー攻撃と同じ種類のウイルスという。

 ホンダによると、埼玉製作所狭山工場(埼玉県狭山市)の生産ラインの制御システムが、データを暗号化して読めなくし、復旧のための金銭を要求する「ランサム(身代金)ウエア」に感染したことが18日に分かった。19日は生産を停止したが、20日朝には復旧した。狭山工場の1日の生産台数は約千台という。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加