詩吟に合わせて筆を動かす佐賀北書道部=佐賀市のイオンモール佐賀大和

 全日本高校書道コンクール21連覇中の佐賀北高(佐賀市)書道部による書道パフォーマンスが14日、同市のイオンモール佐賀大和であった。豪快な筆遣いで、保護者や買い物客たちに「日本一」の腕前を披露した。

 3年生19人が、詩吟に合わせて筆を動かす書吟と、音楽に合わせてメッセージを書くパフォーマンスを披露した。「繋」「陽澪」という文字を大きく書き、詩や歌詞をつづった。大胆な筆運びに観客からは歓声が上がり、パフォーマンス中は音楽に合わせて手拍子が鳴った。

 パフォーマンス後、部長の3年吉山誓乃さんは「地域の皆さんに応援していただく活動をしていきたい。地域とのつながりを大切にしたいと思って『繋ぐ』という文字を書いた」と語り、出来栄えについては「緊張したけど、見ている人の反応があるので楽しかった」とほっとした表情を見せた。

 同部員は42人で1、2年生は観客のリクエストに応えて揮毫(きごう)した。

このエントリーをはてなブックマークに追加