22日午後9時40分ごろ、埼玉県秩父市浦山の県道で、同県横瀬町横瀬、無職柏木海渡さん(18)の軽乗用車が道路脇のフェンスを突き破って崖下に約15メートル転落した。同町に住む18歳の4人が乗っており、柏木さんが胸を打って死亡したほか無職男性が内臓損傷の重傷を負い、男子大学生と建設作業員の男性が軽いけがをした。

 秩父署によると、現場近くの路上に縦約50センチ、横約30センチ、厚さ約20センチの石が落ちており、引きずったような跡があった。

 道路左側斜面からの落石とみられ、軽乗用車が石とぶつかるなどし、弾みで対向車線にはみ出して崖下に落ちた可能性があるとみている。

 4人は友人で、柏木さんを除く3人は「心霊スポットを見つけるため出掛けていた」と話している。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加