日中戦争末期、突然のソ連参戦でソ連-満州国境に取り残された勤労動員中学生の逃避行を描く映画「ソ満国境 15歳の夏」が20日、佐賀市のアバンセホールで上映される。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加