10日に熊本県八代市であった試合で公式戦初先発を果たした女子プロ野球育成チーム「レイア」の大串桃香投手=熊本県営八代野球場(提供)

 県内初開催となる女子プロ野球公式戦が9月3、4日、唐津市野球場である。それを前に、女子プロ野球の大串桃香選手(18)=白石町出身=が12日、今春のプロ入り以来初めて帰佐し、試合をPRした。

 大串選手は県内初の女子プロ選手で、リーグ戦には出場しない育成チーム「レイア」(仙台市)の投手。10日に八代市であったプロ選抜チームとの試合で初先発を務め、4回1失点の好投を見せた。

 また12日には、古巣の硬式少年野球チーム「ザスパ武雄」の練習にも顔を出し、同チーム以外からも集まった女子選手8人に指導。合わせて唐津である公式戦への来場も呼びかけた。

 来月3、4日の公式戦は、女子プロ野球リーグの全3チームによる総当たり戦。3日は午後1時からと同3時からの2試合が、4日は午後1時からの1試合がある。また試合後のイベントとして、3日は子ども野球教室(男子も参加可)、4日は「ファン交流運動会」も開かれ(いずれも要事前申し込み)、大串選手も参加する。

 大串選手は「佐賀でも女子プロ野球はあまり知られていない。3球団がそろう機会は少なく、見応えのある試合になるのでぜひ大勢に来てほしい」と呼びかける。チケットは県民特別料金の当日券が千円(学生は半額、中学生以下は無料)。問い合わせや野球教室などの申し込みは電話0120(89)1538へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加