理容師が老人ホームでボランティア 「きれいになってうれしい」

 さわやかに敬老の日を迎えてもらおうと佐賀県理容生活衛生同業組合は11日、佐賀市の老人ホーム「ロザリオの園」などで散髪ボランティアを行った。さっぱりと髪を切ってもらったお年寄りは「きれいになってうれしか」と喜んでいた。

 組合に所属する理容師約10人が参加。車いすのお年寄りたちに「寝癖直すね」「きれいになったね」と声を掛けながら、バリカンやはさみを使って散髪した。

 ドライヤーとくしで髪をブローしてもらった百武あさ子さん(91)は「きれいにしてもらって本当にうれしい。お話もできて楽しかったです」と笑顔で話していた。理容師の大渡優子さん(51)は「温かいタオルが気持ちいいと喜んでくれた。100歳の元気な方ともお話ができてよかった」と話していた。

 ボランティア活動は今年で9回目。この日は白石町や小城市の老人ホームでも活動したほか、古タオルや作ったぞうきんを老人ホームに贈った。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加