記念撮影などで交流し、パーティを楽しむ参加者たち=ホテルマリターレ創世

記念撮影などで交流し、パーティを楽しむ参加者たち=ホテルマリターレ創世

記念撮影などで交流し、パーティを楽しむ参加者たち=ホテルマリターレ創世

 妊娠を祝い、出産・産後の不安を和らげようと「バルーンエッグパーティー」が10日、佐賀市のホテルマリターレ創世で開かれた。妊婦15人が参加、ゲームや記念撮影を通し、産前に抱える不安など共通の会話を交えながら、人生の節目のセレモニーを楽しんだ。

 パーティーは、子育て中の女性たちのコミュニティーを運営する佐賀市のオヤモコモと、同ホテル、アトリエ木下が共同で開催した。自己紹介の後、共通点探しやお腹のサイズ当てなど、県内の先輩ママたちが考えたゲームを楽しんだり、「どんなママになりたいか」を一人ずつ宣言するセレモニーなどがあった。共通の話題で盛り上がったり、記念撮影などで交流を深め、参加者同士のつながりを生んでいた。また、助産師の秀坂あいさんとママフォトグラファーやまぐちゆかさんによる、産前後のケアなどについてのトークショーも行われた。

 夫の勧めで参加した小城市の浦上翔子さん(29)は「妊婦さん同士が集まる機会は意外と少ないのでうれしい。産前の不安も和らぎ、産後のつながりにもなるのでもっと広がってほしい」と笑顔で語った。

 妊娠を祝うパーティーは米国では「ベビーシャワー」という名称で定着しているが、日本ではあまり根付いていないという。今回のパーティー名は佐賀を連想させる熱気球とお腹の丸みのイメージから名付けた。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加