唐津市鏡の横山サトヱさん(68)が8月25日に自宅で頭から血を流した状態で見つかり、死亡した事件で、佐賀地検は11日、殺人容疑で送検された次男の容疑者(31)について、精神鑑定をするための鑑定留置が佐賀地裁に認められたと明らかにした。期間は11日から11月21日までで、地検は「責任能力の有無を判断するため」と説明している。

 容疑者は当初、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。9月15日が勾留期限だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加