寺崎太彦氏(51)

 三養基郡上峰町議会(10人)は15日臨時会を開き、議長の碇勝征氏(74)=2期=から出ていた議長辞職願を全会一致で許可した。後任には寺崎太彦氏(51)が選ばれた。

 碇氏は冒頭、辞職の理由に関して、議会運営が困難であることに加え、自身が体調不良で加療が必要なことを説明。議長役の副議長が起立で可否を問い、8人全てが許可した。

 後任の議長選出は控室で約2時間話し合いが続いたが一本化できず、無記名投票に。寺崎氏と原田希氏(36)=2期=が5票ずつと同数だったため、くじ引きで寺崎氏が当選した。

 初の議長職となる寺崎氏は「気持ちの整理は付いていないが、しっかり重責を全うしたい。これまで議会がいろいろな局面で半分に割れてきた。これからはぜひ協力してもらいたい」と議会正常化へ歩み寄りを求めた。

 同議会は2015年1月に改選された。同年9月に当時議長だった大川隆城氏(64)=6期=が、条例で議員に義務づけられている税の納付証明書提出遅れの責任を取って辞職しており、今任期中の議長辞職は2度目となった。

 変更のあった各委員会委員長(◎)は以下の通り。

 振興◎大川隆城▽議会運営◎吉富隆

このエントリーをはてなブックマークに追加