たとえ血のつながりがなくても、親子として巡り合うことがある。実の親からの虐待や育児放棄を受けた経験があるなどさまざまな事情がある子どもたちが、親代わりの大人とともに生活する「ファミリーホーム」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加