佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画を巡り、佐賀市の秀島敏行市長は11日、市議会一般質問で、現在は配備計画について市民から意見聴取する段階ではないとの認識を示した。

 山下明子議員の質問に答えた。秀島市長は「(配備計画は)市南部だけではなく、市全体に関わるもの」との認識を示した上で「市民の意見を聞く会を開催すべきではないかとのことだが、今はそういう段階ではないと考えている」と述べた。

 また、「自衛隊と共用しない」とする公害防止協定覚書付属資料に関し、「協定を守るべきと言ったことはない。整理すべきだと言ってきた」と語り、計画に対して賛否を言明していない姿勢を強調した。協定を整理する申し入れがあった場合に、市として対応していくのかとの問いには、「仮定の話はここではすべきではない」と答えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加