片山善博さん(右)に委嘱状と記念の陶板を手渡した塚部芳和市長=佐賀市のアバンセ

 伊万里市は、元総務大臣で慶応大法学部教授の片山善博さん(65)に伊万里市民図書館名誉館長の委嘱状を交付した。任期は設けず、無報酬の外部アドバイザーとして運営の助言などに当たる。

 佐賀市のアバンセで開かれた片山さんの講演会に合わせ、塚部芳和市長が委嘱状と伊万里焼の陶板を手渡した。

 片山さんは「市民が運営を支え、地域に活動の輪を広げている」と同図書館の取り組みを評価した。その上で「図書館は生涯学習や文化の拠点として重要な位置付けを持つ。全国のモデルとなる図書館となるように努力したい」と抱負を述べた。塚部市長は「ふかんした目で、今後の有り様を指摘してほしい」と期待した。

 同図書館の蔵書数は約40万冊。昨年度は巡回車による移動図書を含め46万冊が貸し出された。1人当たりの貸出冊数は8・3冊で、全国平均を上回っているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加