鳥栖-仙台 前半37分、クロスに飛び込む鳥栖FWイバルボ(右)=仙台市のユアテックスタジアム仙台

 明治安田生命J1リーグ第25節最終日は10日、宮城県仙台市のユアテックスタジアム仙台で1試合があり、サガン鳥栖はベガルタ仙台に1-4で敗れた。鳥栖は今季初の連敗で通算成績は9勝7分け9敗(勝ち点34)。順位は変わらず9位。

 第26節は16、17の両日にあり、鳥栖は16日午後7時から鳥栖市のベストアメニティスタジアムでヴァンフォーレ甲府と対戦する。

■仙台4―1鳥栖

 鳥栖は仙台の勢いを止めきれず、今季最多の4失点を喫した。

 前半11分、右からのクロスをゴール前に駆け込んだ仙台FW石原に押し込まれ先制を許した。激突したGK権田が負傷交代するアクシデントに見舞われ、34分にはMF野津田に追加点を奪われた。

 後半も仙台ペース。9分に右サイドから中央に渡ったボールをMF三田に決められ、29分にはゴール前の攻防から再び石原に押し込まれた。鳥栖は終盤攻め込み、ロスタイムにFWイバルボが1点を返したが、ビハインドが大きすぎた。

このエントリーをはてなブックマークに追加