一輪車演技で県最優秀選手賞の江頭ひかるさん

◆世界の子どもに教えたい

 佐賀市・南川副小6年の江頭ひかるさんが一輪車の演技を始めたのは、3年生の時に児童館の一輪車乗り方教室に参加したのがきっかけです。友達が格好良く巧みな技を披露して踊る姿に憧れました。

 週5日、毎回2時間の練習で技を磨いていますが、学校行事以外で休んだことはほとんどありません。所属する女子グループ「SAGAポップテン」は昨年9月に福島県で開かれた全国大会のビギナーの部で3位入賞。九州大会では10連覇を達成しました。

 先頭で演技リーダーを務め、審査員の先生方の目に留まったからでしょうか。佐賀県大会では最優秀選手賞を受けました。いまは、世界中の子どもたちに一輪車の演技を教えてあげたいと思っています。

(地域リポーター・江口英子=佐賀市久保田町)

=光ってるね=

このエントリーをはてなブックマークに追加