表彰される西岡郁子さん(左)=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 佐賀市の国際ソロプチミスト佐賀有明は21日、佐賀市内でクラブ表彰式と支援金贈呈式を行った。6歳の子どもを1人で育てながら看護師を目指す佐賀市の西岡郁子さんに「夢を生きる賞」を贈るなど3人を表彰し、3団体へ活動支援金を贈った。

 女性が教育を受ける資金を援助する「夢を生きる賞」、女性や子どもに夢や希望を与える活動を表彰する「ドリーム賞」、地域密着型のボランティア活動をたたえる「社会ボランティア賞」の三つを表彰した。ドリーム賞を受賞した佐賀市の浅見豊子さん(佐賀大医学部付属病院リハビリテーション科診療教授、先進総合機能回復センター副センター長)は「自分も夢を持ち、周りにも夢を与えるような仕事をしたい」と語った。社会ボランティア賞は社団法人魅力発掘プロデュース協会理事長の中本英一さん(佐賀市)が受賞した。

 この日は佐賀いのちを大切にする会、佐賀ビッグフット、今年設立された児童養護施設卒園児自立支援基金に活動支援金を贈った。

このエントリーをはてなブックマークに追加