佐賀新聞社の峰松洋史事業部長(左)から、池田さんのサイン入り図録を受け取る山下さん=佐賀市の県立美術館

 佐賀市の県立美術館で開催中の大規模個展「池田学展 The Pen 凝縮の宇宙」が21日、1月20日の開幕から約1カ月で来場者数3万人を突破した。3万人目となった江北町の山下恵美子さん(74)に、記念品として池田さんのサイン入り図録が贈られた。

 絵が好きで美術館もよく訪れるという山下さんは、妹夫婦と3人で来場し「新聞を見て楽しみにしていた」という。佐賀新聞社の峰松洋史事業部長から、会場前で図録をプレゼントされた山下さんは「こんなことは初めて、夢にも思わなかった」と喜んだ。作品を鑑賞し、「全てがペンで描かれているなんてびっくり。感動した」と話していた。

 会場には日本で初めて公開される大作「誕生」をはじめ、初期から代表作までを網羅した約120点が展示されている。

 会期は3月20日まで(月曜休館)。観覧料は一般1200円、高校生以下無料。

このエントリーをはてなブックマークに追加