時代とともに変化した差別について解説した中村久子さん=佐賀市の佐賀市文化会館

 佐賀部落解放研究所の研究発表会が21日、佐賀市の市文化会館で開かれた。研究員の中村久子さんが江戸期や明治時代の文献をもとに、理由を変えながら、いわれなき差別で被差別部落を苦しめてきた史実を解説した。

 中村さんは、江戸時代の身分制度が、差別を根深いものに変質させていった過程を説明した。被差別部落の人たちは明治維新の解放令で平民に位置付けられたのにも関わらず、「新平民」と呼ばれて差別を受け続けた。また、「経済的な困窮ぶりを捉えて一方的に不衛生とみなされ、伝染病が流行するとその温床と決めつけられた」と社会の側の問題性を指摘した。

 中村さんは「時代の変化とともに差別する理由まで変えている。差別を理屈づけで正当化した過去を知ってほしい」と話した。

 発表会には教育関係者や行政関係者など80人が参加した。

このエントリーをはてなブックマークに追加