四国電力は15日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)で発電と送電を始めた。フル稼働は22日で、原子力規制委員会の最終検査を経て、9月7日に営業運転に入る見通し。

 発送電準備中の15日午後1時36分ごろ、伊予灘を震源地とする震度3の地震が山口県であり、伊方町では震度2を観測。四国電は安全確認後、社員がスイッチを操作し、午後2時18分に発送電を開始した。佐伯勇人社長は15日、発送電を受けた電気料金値下げに関し「経営状況が非常に厳しい上、運転差し止めを求める仮処分申し立てがあり、訴訟リスクも視野に入れないといけない」と否定的な考えを示した。

 3号機は12日に再稼働し、13日に核分裂が安定して続く「臨界」に達した。新規制基準に適合し再稼働した原発は九州電力川内1、2号機(鹿児島県)、関西電力高浜3、4号機(福井県)に次ぎ5基目。高浜が司法判断で運転差し止め中のため、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料によるプルサーマル発電を行う国内唯一の原発となった。

 世耕弘成経済産業相は15日の記者会見で、プルサーマル発電で発生する使用済みMOX燃料の扱いについて「今後の発生状況と保管状況、再処理技術の動向などを踏まえて検討していくべきだ」と述べた。

 伊方3号機は2011年4月に定期検査で停止。規制委の審査に昨年7月合格し、同10月に伊方町長、愛媛県知事が再稼働に同意した。再稼働は今年7月26日の予定だったが1次冷却水循環ポンプのトラブルが同17日に判明し、遅れた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加