九州などで「ドラッグストアモリ」を展開するナチュラルホールディングス(HD、福岡県朝倉市)は21日、中国、四国地方を中心にドラッグストア「ザグザグ」を運営するザグザグ(岡山市)を子会社化したと発表した。単純合計で売上高約1760億円、店舗数は約380店と、西日本で有数のドラッグストアチェーンとなった。

 ナチュラルHDは17日、ザグザグ運営会社の発行済み株式総数の約61%を創業家から取得した。取得額は非公表。ザグザグの店名や雇用は維持する。両社は経営ノウハウを持ち寄り、共同仕入れなどを検討して事業の効率化を図る。

 ドラッグストアモリは九州や四国など12県で242店舗を展開。ザグザグは岡山や香川など7県で139店舗を運営する。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加