9月10日に閉店するトライアル唐津店=唐津市栄町

 唐津市栄町のディスカウントストア「トライアル唐津店」が、9月10日で閉店することが分かった。建物の老朽化が理由で、建て替えて再開するかどうかは未定。利用者からは残念がる声が上がった。

 本社のトライアルカンパニー(福岡市)広報は「トイレなど老朽化が進んで安心して利用してもらうのが難しくなった。売り上げが落ちた訳ではない」と説明している。昨年4月、市内の原に開店した「スーパーセンタートライアル唐津中原店」に機能を集約する。

 現店舗は寿屋が1980年、唐津店として開店。閉店後の2002年、トライアルが建物をそのまま活用、改装して唐津店を開業した。鉄骨2階建てで、床面積は約1万1570平方メートル(敷地面積約8264平方メートル)。当時は市内大型店で初の24時間営業として話題を集めた。

 近くの80代女性は「安くてよく缶詰を買う。散歩帰りに寄るが、なくなるのは困る」と惜しむ。市内の60代女性も「夜遅くでも開いてて便利だったのに」とさみしがった。

このエントリーをはてなブックマークに追加