地震などの災害やテロ攻撃といった緊急事態でも業務を継続するための計画を策定した企業が九州・沖縄で12・8%と、全国平均(15・5%)を下回っていることが15日、帝国データバンク福岡支店の調査で分かっ…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加