鳥栖―横浜M 前半10分、ゴール前へのパスに鳥栖FW田川(中央)が駆け込むも相手GKに阻まれる=横浜市のニッパツ三ツ沢球技場

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第22節の13日、横浜F・マリノスと対戦し、0-1で敗れた。2試合連続無得点となった一戦をMF高橋義希選手に振り返ってもらった。

 失点が早すぎたことが試合を難しくした。攻撃の形はできていたので、得点できなかったことが悔やまれる。

 前半9分の失点シーンは、ボールの出どころとなった斎藤選手に複数でブロックにいったが、その裏を取られた。中盤とDFラインの間が間延びしてしまっていた。

 攻撃は焦ることなくやれた。特に左サイドに関しては深い位置までボールを運ぶことができていた。やっていることに間違いはなかったが、クロスの精度とタイミングを合わせる必要があった。

 チャンスはつくることができている。あとはペナルティーエリア付近でアイデアを表現することが必要。大宮戦はイベントがあってより盛り上がる試合になると思う。必ず結果を出して、勝ち点3を取りたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加