大宮戦に向けた練習で、FW田川(左)と競り合うMF水野=15日、鳥栖市北部グラウンド

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第23節の19日午後7時から、鳥栖市のベストアメニティスタジアムで大宮アルディージャと対戦する。前節約1カ月ぶりの黒星を喫した鳥栖。上位チームに離されないためにも、得意のホームで必勝を期したい。

 鳥栖は通算成績8勝7分け7敗(勝ち点31)の10位。前節の横浜M戦は、前半の早い時間帯に失点し、後半はゲームを支配して相手ゴールに迫ったものの、無得点に終わった。MF福田は「攻めた分、得点しなければならなかった」と悔やむ。

 大宮は5勝4分け13敗(勝ち点19)で降格圏の16位。前節は新潟と対戦し、後半にFW江坂が7得点目のゴールを挙げ、その1点を守り切った。1-1と引き分けた6月の対戦以降、MFカウエ、FWマルセロトスカーノら新加入選手が台頭しており、フィッカデンティ監督は「運動量も多く、中盤に新たなパワーが加わっている」と分析する。

 9日にFC東京から加入したMF河野は練習で軽快な動きを見せている。河野にとって恩師でもある指揮官は「試合まで様子を見たいが、すぐチームに溶け込めると思う」と話し、今節での出場もありそうだ。

 今季相性のいいホームで連戦を迎える鳥栖。4戦連続先発出場中のDF藤田は「相手は必死になってくる。引いて受けず、攻撃的な守備を見せたい」と闘志を燃やす。

■鷹の祭典とコラボ、白ユニ配布

 19日の鳥栖-大宮戦は、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスと連携した「鷹の祭典2017コラボスペシャルマッチ」。白を基調とした記念ユニホームが来場者全員に贈られる。

 ゲストとして、ハリーホーク&ハニーホーク、スタジアムDJのDJツバサさんや公式ダンスチーム「ハニーズ」も来場。ハーフタイムショーなどでスタジアムを盛り上げる。

このエントリーをはてなブックマークに追加