車検切れ検知、即アウト

 車検切れのまま公道を走っている車やバイクは全国で約20万台に上ると推定される。こうした違法行為を摘発しようと、国土交通省は警察と手を組み、道路脇に設置したナンバー読み取り機で車検切れを検知し、その場で交通切符を交付する実証実験を9月末に始める。

 全国5カ所で年内に順次実施する予定で、場所の選定を進めている。結果を踏まえ、来年に全国の都道府県警と連携して本格運用に乗りだす。

 使用するナンバー読み取り機は、車検の登録データベースとつながっており、有効かどうかを瞬時に照合できる。国交省は過去にも道路脇に同様の機器を設置したことがあるが、その際は車検切れ車両の所有者にはがきを送り、更新を促してきた。今回は、前方で待ち構えた警察官が停止させて取り締まる方法に切り替える。

 車検切れが発覚すれば、交通切符を交付され、免許停止(行政処分)となるだけでなく、罰金(刑事処分)を科せられることになる。

 さらに公道を走れなくなるため、ドライバーはレッカー車を手配する必要がある。再び運転したい場合は、整備工場などに持ち込んで車検をパスしなければならない。

 国交省によると、国内に車やバイクは約8千万台あり、約500万台が車検切れになっている。多くが放置状態になっているとみられるが、過去の統計から約20万台が公道を走っていると推定される。本人が車検切れに気付いていないケースも多いとみられる。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加