佐賀市川副町の自宅作業場で、素焼きの湯飲みに般若心経を1文字ずつ、刻むように書いていく鬼塚恒久さん。6時間かけて仕上げる湯飲みには、緻密な文字が整然と並ぶ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加