帰省客にPRグッズを配る佐賀市の職員とサガン鳥栖マスコットキャラクターのウィントス=佐賀空港

 帰省客らにふるさと納税や佐賀市の取り組みを知ってもらおうと佐賀市は16日、佐賀空港でPRキャンペーンを行った。

 ふるさと納税や定住サポートの案内、三重津海軍所跡バッジなどのセット200部を配った。サガン鳥栖のマスコットキャラクター「ウィントス」も登場し、キャンペーンを盛り上げた。

 佐賀市のキャンペーンは今年で8回目。ふるさと納税の受付件数は年々増え、昨年度は1759件寄せられたという。佐賀市企画調整部行政経営課の村上正課長は「県外に住む方にPRできる機会。少しでもふるさとを感じてもらえたら」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加