煎茶を学んだ子どもたちによる煎茶会が21日午後1時半から同4時まで、佐賀市のアバンセ3階和室で開かれる。煎茶のお点前やお運びなど、これまで学んだ成果を披露する。参加費は1人300円で、定員50人。

 子どもたちにもっと日本の伝統文化に親しんでもらおうと、賣茶流教授で煎茶文化伝承会の鍋島順仙窟さんが主宰する「夏の子ども煎茶教室」が開く。同教室では、7月から8月中旬まで計8回、佐賀市内の園児、児童延べ17人が稽古に励んだ。当日は、約10人の子どもたちが、お点前やお運びなどを行う。

 煎茶会は誰でも参加できるが、事前予約が必要。問い合わせ、申し込みは同伝承会、電話090(8289)4586。

このエントリーをはてなブックマークに追加