東京都杉並区で昨年4月、俳優の萩原流行さん=当時(62)=がバイクで転倒して死亡した事故で、東京区検は16日、警視庁の護送車の車線変更が事故原因だったとして、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪で、運転していた高井戸署の袖崎賢訓警部補(57)を略式起訴した。

 起訴状では、昨年4月22日午後6時5分ごろ、萩原さんの大型バイクが右後方を走行していたのを認識しながら、十分に安全確認せずに進路変更し、避けようとした萩原さんのバイクを転倒させたとしている。萩原さんは、後方から来た乗用車にひかれ死亡した。

 乗用車を運転していた会社役員の男性(60)は16日付で、嫌疑不十分で不起訴となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加