【ジュネーブ共同】核兵器廃絶を世界に訴えるため、広島、長崎両市の市民団体が選んだ15都道府県の「高校生平和大使」22人が16日、ジュネーブの国連欧州本部を訪問、大使代表として活水高校(長崎市)3年の…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加