■国内候補への影響懸念 世界遺産の登録を審査する国連教育科学文化機関(ユネスコ)は、年1回の審査で扱う件数の上限を、現行の45件から25件に減らす本格的な検討に入った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加