有田焼の文様を描いたカップで飲み物を味わい買い物疲れを癒やす来場者(昨年の有田陶器市から)

 器選びの疲れを癒やすグルメも多彩。町役場東出張所広場では、地元有田町をはじめ、長崎県佐世保市や大分県中津市など、九州各地の名物約30店が集まる「ご当地グルメフェア」を開催する。

 有田焼の文様をあしらった紙コップが人気を集めるカフェは、にぎわう通りから1本奥に入ったトンバイ塀のある裏通りで、今年も6店がオープンする。塀に焼き物の破片や窯の道具を埋めた有田独特の風景の中で、ほっと一息つけそうだ。

 歴史ある窯元が集まる黒牟田応法地区では、6窯元が自慢の器に町内料亭の料理を盛りつけた陶彩弁当を販売する。窯元の座敷や離れで食事が楽しめる。食べ終わった器は持ち帰ることができる。事前に予約が必要。

このエントリーをはてなブックマークに追加