辞令書を手渡した香月恭彦館長(右)と受け取った木戸麻里愛さん(左)と土橋功武君=佐賀市の佐賀市立図書館

本の修復作業をする土橋君(右)と木戸さん(中央)=佐賀市の佐賀市立図書館

 佐賀市の開成小4年の土橋功武(いさむ)君(9)と木戸麻里愛(まりあ)さん(9)が23日、同市の佐賀市立図書館(香月恭彦館長)の「一日図書館長」に任命された。イベントの告知やカウンター業務を体験し、図書館業務への理解を深めた。

 香月館長から辞令交付を受けた2人は「一日図書館長」のたすきを身に付け、「開館します」と手を挙げて宣誓。来館者を迎えながら、館内のイベントをPRするチラシを配った。

 2人はカウンターに立って本の貸し出しを体験したほか、汚れをやすりで落とすなど、本の修復作業にも携わった。木戸さんは「貸し出しだけではない図書館の仕事を知ることができた」と喜び、土橋君は「カウンターでの図書カードのやりとりが意外と難しかった」と話した。

 一日館長体験は「こどもの読書週間」(23日~5月12日)に合わせて2010年から開催しており、今年で8回目を迎えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加