ソフトボールの普及を目的とした「県ソフトボールトップアスリート講習会」が25日、小城市の牛津総合運動場で開かれる。日本リーグで活躍する県出身の選手らが、バッティング技術の向上や球速アップの練習法などを伝授。主催する県ソフトボール連盟は「初心者も大歓迎。多くの参加を」と呼び掛ける。

 2023年の佐賀国体に向けた強化の一環。佐賀女子高ソフトボール部OBで日本代表として活躍する又吉薫内野手(Honda)や同チームの島崎望外野手、森山遙菜内野手と、日本文理大(大分)の監督、選手を講師に招く。小、中学生を対象に、「バッティングが上達するには」「足が速くなるには」「速い球を投げるには」などをテーマにした基礎的な指導を予定している。

 参加無料。申し込み、問い合わせはEメールで、mvpsoft93@yahoo.co.jpへ。

このエントリーをはてなブックマークに追加