佐賀県の山口祥義知事が玄海原発3、4号機の再稼働への同意を判断したことについて、九州電力は「大変重く受け止めている。安全対策に不断の努力を重ねるとともに、(再稼働に向けた)残りの工事計画認可、保安規定変更認可の審査に真摯(しんし)に取り組んでいきたい」とコメントを発表した。

 再稼働に批判があることに言及はしなかったものの、「地域の皆さまにご安心いただくため丁寧なコミュニケーション活動に努めたい」とした。

このエントリーをはてなブックマークに追加