玄海原発再稼働を巡り、佐賀県が昨年末に設置した「広く意見を聴く委員会」。知事の同意表明に各界委員の賛否は割れ、「意見がどれほど反映されたのか」と疑問視する声も漏れた。

 電気料金が企業活動に影響する経済界。佐賀経済同友会の村岡安廣代表幹事は「産業界では原発再稼働を望む声がほとんど。コストや安定性を考えれば、現段階ではそうせざるを得ない」と知事の判断を評価した。県商工会連合会の飯盛康登会長は「再稼働後、できるだけ早く電気料金を震災前の水準に戻すよう要望していきたい」と述べた。

 構成団体に九電労組を抱える連合佐賀の青柳直会長は「再稼働に関して組織内で賛否が割れているが、代替エネルギーの見通しが立つまで運転はやむを得ないと考えている。知事の熟慮に熟慮を重ねたという判断を尊重したい」と話した。

 県地域婦人連絡協議会の三苫紀美子会長は「組織のメンバーやその家族の思いを携えて意見を述べてきた。それが届いたようには見えず、悔しい。再稼働のシナリオありきだったのでは」と残念がる。

 県看護協会の三根哲子会長も「知事も悩んだ末の判断だろうが、残念」と表情を曇らせた。「看護師は危険な状況でも現場に行かなければならないケースがある」と、事故時の安全対策を注文した。

=玄海原発 再稼働へ=

このエントリーをはてなブックマークに追加